遠山の金さん : 梵亭生活

梵亭生活

食いしん坊で甘ったれアメショー・梵(ぼん)と手芸好き主婦の毎日。それが梵亭生活♪ 一軒家ですが、猫がいるのは私達夫婦の使う一部屋だけ。室内飼いならぬ、部屋飼いの毎日をお送りします(笑)。

タグ:遠山の金さん

夜、晩ごはんを食べ終わってから。

時代劇専門チャンネルで、
「遠山の金さん」(杉良太郎さん主演)を観てた時のこと。


もちろん梵はヒザの上。
今朝の記事に書いたような攻撃はされなかったけど、
今回は見始めから、なでておく。  テレビ観ながらだけど(笑)。

が、ちゃんと愛でる時とは違うらしく、
むぅ。

時々、私の顔を見る梵。
おいらのこと見てう?

見てない事に気付いてがっかり。
くぅっ。


今回も、右手がふさがってるんで、左手で撮ってたワケだけど、
たまに、梵とフレームの位置が合ってるか、チラッと確かめるだけで、
後は梵がもぞもぞする時にシャッター押してただけ(笑)。

後で、撮れたのを確かめたら、
上の流れとまったく同じことを何度も繰り返してた。

そして、どんどんしょんぼりしてくっていう・・・(笑)。


途中、それでも気持ちよさそうな顔してなでられてる様子も。
ふにゅ~。
まぁ、その次の写真はビミョーな顔つきしてましたが(笑)。
ブレブレだったから消しちゃったけど。


途中でどっかに行っちゃうコトはなかったけど、
「金さん」観終わった後に、
ちゃんとなで始めたらもんく言われた。
おそいでしゅとも。

でもさぁ、
今日は、昼間すごくあったかかったんだよ?
午後はお日様もいっぱいだったから、
ゆっくり愛でようと思ってたのに、
コタツにこもって出て来なかったのは、誰でしょーねぇ?


証拠写真 その1。
    「コタツの中で、ひっくり返って寝てる梵。
zzz…

夕方だって、梵ベッドで爆睡してたし。

証拠写真 その2。
    「梵専用のお布団でサンドイッチ状態の梵。
zzz…
ぷぅ、ぷぅ。

コタツから梵ベッドに移動する時だけしか起きなかったクセに、
ヒザに来たから愛でれって言われてもねぇ・・・。




今夜は旦那が遅いから、ひとりごはん。

ちゃんと、おかゆさん食べて、養生してますよ?
あずきがゆ。

今夜は小豆粥。明日も食べるけど(笑)。
ストーブで炊いてたんだけど、ちょっと煮すぎちゃった(笑)。

土鍋をテーブルに持って来たら、
すかさずチェックする梵。
おぉっ。
そんな顔しても、梵は食べれないでしょ?
あれ、たべれう?
ダメです。
っつーか、食べないクセに。

そんで、その他のもの。
お豆腐とおつけもん。
寄せ豆腐と、きゅうりの青じそ漬け。
きゅうりの青じそ漬けは、刻みすぐきと一緒に頼んだ物です。

今夜はお腹痛くなりませんでしたよ(笑)?



ランキングに参加してます。
お手数ですが、「ポチっとな」と応援してくださいまし。

人気ブログランキングへ
こちらも「ポチっとな」とお願いします。
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ
にほんブログ村
いつも励みをありがとうございます!

昨日の昼過ぎのこと。

レコーダーに録っておいた、「遠山の金さん捕物帳」を観てた私。
ヒザには梵。 

夢中になって観てたら、
下から手が出てきたり、声がしたり。

なあに?梵。
母ちゃん、やっと、観たかった回の「金さん」観てるんだけど?
よそ見すんな。
いや、いいじゃん、観させてよ。
こっちむけぇっ。
・・・・・・。


もう、ここら辺から、
左手にカメラを持って、梵を撮りつつ、
目線はテレビ(笑)、っていう状態です。

だって、本当に観たかったんですよ?
最初は忙しくてちゃんと観てる余裕がなくて、
再放送は観れなくて・・・。

ちなみに、この「金さん」。
中村梅之助さん主演ので、観たかった回っていうのが、
今村民路さんが初登場する時のもの。


で、左手・カメラ、目線・テレビ、右手は・・・というと、
とりあえずなだめようと、梵をなでる。何、やってんだか(笑)。

はいはい、なでるからおとなしくしてて?
はやくなでれ。
よしよし、っと。
・・・。
・・・・・・。(テレビに釘付けで、手が止まる。)
むかむかっ💢

はっ!
ごめん(笑)?


気付いて、再びなで始めたんだけど、
くそぅ。
やっぱりテレビを観ながら、
テキトーになでるのはお気に召さないらしく、
行ってしまいました(笑)。


普段、梵ばっかり見て、構ってるのにこの仕打ち。
母ちゃんだって、たまには好きにテレビ観たりしたいわいっ。

まぁ、がっつり観ましたがね(笑)。



ランキングに参加してます。
お手数ですが、「ポチっとな」と応援してくださいまし。

人気ブログランキングへ
こちらも「ポチっとな」とお願いします。
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ
にほんブログ村
いつも励みをありがとうございます!


このページのトップヘ