ちょっかい : 梵亭生活

梵亭生活

食いしん坊で甘ったれアメショー・梵(ぼん)と手芸好き主婦の毎日。それが梵亭生活♪ 一軒家ですが、猫がいるのは私達夫婦の使う一部屋だけ。室内飼いならぬ、部屋飼いの毎日をお送りします(笑)。

タグ:ちょっかい

いつもお気遣い下さり、
本当にありがとうございます。


それと、
昨日の投稿で見て頂いたつるし飾りを褒めてくれてありがとう!

嬉しいな~。

・・・と、言う事で、
今日もつるし飾りネタです(笑)。

でも今日は、
最初からちゃんと梵が写ってるのでご安心を(笑)。



さて、
お日様も出てポカポカ陽気になった今日。

相変わらず自分からは絡んでくれないので、
ひなたぼっこ中の梵の前で、
IMG_6864
つるし飾りをゆらゆら揺らしてみる(笑)。

このまま無視されるかと思っていたら、
IMG_6875
IMG_6885
IMG_6886
飾りの一部に喰らい付いた梵。

少しの間だったけど、
こうして遊んでくれました。

まぁ、
IMG_6893
すぐに止めちゃって、
IMG_6895
再び無視して、
IMG_6897
IMG_6900
寝始めちゃったけど(笑)。
IMG_6902

梵のおもちゃとして作った訳じゃないから、
別に遊んでくれなくてもいいんだけどね(笑)。

でも普通に飾っておくと、
欠片も気にしてくれない梵。

それはちょっと寂しいって思っちゃうのよね~。



              

ハンドメイドマーケットのミンネで、
マタタビおもちゃやエリザベスカラーなどを販売しています。

私のギャラリーへのリンクはこちらです。

ハンドメイド工房 梵組
https://minne.com/@bongumi-hand

全てに対応できる訳ではありませんが、
ご意見やご要望も寄せて頂けると嬉しいです。

よろしくお願いいたします。

              


いつも温かいコメントをありがとうございます。

今は個別のお返事をお休みしてますが、
毎回ありがたく読ませてもらってます。

本当にありがとう!


ランキングに参加しています。
お手数ですが「ポチっとな」と応援してくださいまし。

人気ブログランキングへ
こちらも「ポチっとな」とお願いします。
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ
にほんブログ村
いつも励みをありがとうございます!

ゆうべ、日付が今日に変わってから、
ほんのちょっとだけ雨が降りました(笑)。

雷が鳴って外はビカビカ光ってたけど、
夕立みたいな勢いもなく、
ホントに申し訳にもならないくらいの雨。

それでも一応、
「梵予報」は当たった事になるんだろうか(笑)?


そして、
今日もばっちり30℃を超え、
お昼過ぎの一番暑い時間帯に・・・
zzz
母ちゃんも来りゅ?
梵もばっちり食器棚の上に乗ってました(笑)。

天井から50㎝ほどの場所ですよ!?
私なら絶対にこんなトコで寝たくない。



さて。

時間は少しさかのぼって、
いつもならごはんのおねだりで騒がしいはずの10時半頃。
・・・。
梵?
なに?
何してんの?
あ、きもちうい。
今日は静かだねぇ(笑)。
おいらはいちゅもしじゅかでしゅじょ?
あんまりお腹空いてないのかな?
・・・。
ん?なんか匂う?
やっぱりお腹は空いてるんじゃないの~?

あ・・・。
・・・眠いのか(笑)。

じゃあ、眠気覚ましに・・・
ほらっ。
なに?
・・・いや、ちょっと遊ぼうよ。
ふんっ。
うぬぅ・・・。

じゃあ、こっちだ。

はい。梵の哺乳瓶。
やめれ。
そんな事言わないでさぁ・・・。
ねぇねぇ。

あっち行きゅ。
・・・・・・。ちっ。


移動した梵。
やれやれ。

そのまま静かに横になる。

そこへ・・・
!?
はいっ。
( ´Д`)=3 フゥ
・・・・・・。

いいじゃん。

じゃあ、せめてお手手に持ってよ。
ひちゅけ~でしゅな。
梵は横になってりゃいいからさ。

・・・よしっ、と。
うむぅ・・・。
・・・。
うん。可愛いっ。



この時点で、
お昼ごはん30分前。

でもまだおねだりが始まらない。

調子が悪いワケじゃなく、
たま~にある「気分が乗らない」って時。


いつもはおねだりで騒がしく、
おもちゃを出すと結構遊んだりもするこの時間。

なんとなく寂しい気がして、
ちょっかいを出しまくった私。

ぜ~んぶ不発に終わりました。


あ、念のために言っておくけど、
お昼ごはんもいつも通り完食。
おやつもペロッと平らげましたよ~(笑)。



ランキングに参加してます。
お手数ですが「ポチっとな」と応援してくださいまし。

人気ブログランキングへ
こちらも「ポチっとな」とお願いします。
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ
にほんブログ村
いつも励みをありがとうございます!

このページのトップヘ