せっかく作ったのに、
ちっとも使ってもらえない梵マット。

もうちょっとあったかくなったら使ってくれるかも。

そう思いながらも、あきらめきれなくて、
再度トライ(笑)。



まずはストーブ前。

10時頃から置いておいたのに誰も乗らない・・・。
っていうより、気付いてない(笑)。


すると、お昼ごはん前にゼリアさんが乗ってた。

最初は座ってストーブにあたってただけなんだけど、
ちょっとしてから見たら、
香箱作ってた!
あったかいわよ?

よ~し、いいぞ~。

で、ヒザの梵に、
ゼリちゃんが梵マット使ってるよ~。
梵は行かないの?

と聞いてみたら・・・・・・
くは~っ。
え・・・、それだけ・・・?

ごはんだよ~。
呼ぶまで寝てた・・・。
そしてゼリアさんも消えていた・・・。



んで、ごはんの後。

マットに乗って毛づくろい。 乗りはするんだけどねぇ。 
食べまちた。
梵、そこで寝ていいんだよ?
満足でしゅとも~。
いや・・・、そうじゃなくて・・・。 

心ゆくまで毛づくろいをした後・・・
あっ!うずくまりそうな気配!
・・・。

なんとか寝てもらおうと、なでてみる。
・・・。

が、すぐ起き上がる梵。
落ち着きましぇんな。
行っちゃった・・・。
むこう、いこ。
逆効果だった・・・?


と思ったら、すぐ戻って来てマットに乗ったんだけど、
むぅ。
一分後。
・・・。
なんで、ソコ・・・?



お次は、日の当たる廊下に置いてみる。

すると・・・、
・・・。
よいちょ。
っ!!!

梵マットの上での、初・香箱!

梵~、いいコだねぇ。
?
なに、言ってう?
う、うん。
そうなんだけどさ・・・。

梵がくつろぐためのマットなんだもの。
香箱でも嬉しいのよ?
ホントは寝そべってほしいけど。

あ、そう。
寝てくれるともっと嬉しいんだけどな~。


そんな語り掛けもむなしく、
ヒトの手をすり抜けて梵ベッドへ移動。
おいらのベッド~。

なんで?
はやく。
あぁ、そう。
ちゃびかったでしゅとも。
まぁ、しょうがないよね・・・。
今日はお日様もあったかくないし。

それに、母ちゃんが作ったそのベッドは愛用してくれてるしね。



梵マット、まだ肌寒い今は無理でも、
あったかくなったら使ってくれそうな予感。

あ~早くこの上で寝そべる梵が見たいわ~。



ランキングに参加してます。
お手数ですが、「ポチっとな」と応援してくださいまし。

人気ブログランキングへ
こちらも「ポチっとな」とお願いします。
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ
にほんブログ村
いつも励みをありがとうございます!